光化学スモッグ発令等の基準


□予報
オキシダント濃度が0.1ppm (1時間値、以下同じ。)以上になり、上昇傾向にあるとき

□注意報
オキシダント濃度が0.12ppm以上になり、その状態が継続すると認められるとき

□警報
オキシダント濃度が0.24ppm以上になり、その状態が継続すると認められるとき

□重大警報
オキシダント濃度が0.4ppm以上になり、その状態が継続すると認められるとき
0.[メニュー]